漆塗りの食籠

工坊般若では小間物も制作しています。こちらは漆塗りの食籠(じきろうと読みます)。主菓子を客の数だけ盛り込んで出すための蓋付きの器で、主に茶道の世界で使われます。塗りは木曽の巣山定一氏。素晴らしい技を持つ職人のみなさんと一緒に仕事できることは木曽に住んでいたご褒美です。




24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示