三渓園での展示


三渓園、鶴翔閣(旧原家住宅) は、1902年(明治35年)原三溪により建てられたもので、横浜市指定有形文化財です。広さ290坪に及ぶこの住宅は、上空から見た形があたかも鶴が飛翔している姿を思わせることから“鶴翔閣”と名づけられ、 日本を代表する政治家や文学者が集い、横山大観、下村観山といった日本美術院の画家が創作活動のために滞在したそうです。

この由緒ある建物内で展示できる素晴らしさ!今回は入ってすぐの広い玄関にて、椅子をメインに展示しています。ちょっと天候が不安定な週末ですが、秋の風情漂う三渓園も散策できます。ぜひ、お立ち寄りください。

#手仕事に遊ぶ錦秋 #椅子 #横浜 #三渓園

62回の閲覧

©2017 by STUDIO HANNYA  工坊般若 | 般若芳行